FC2ブログ

トリトリ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

奄美大島~3

2日目の夕方、道を走っていると、橋にかかる電線に、リュウキュウツバメを発見。
マッタリしていたので、車をUターンして、そっと撮りました。

リュウキュウツバメ01
胸からお腹が褐色です。付近にはこの2羽だけしかいなかったので、ラッキーでした。
(飛んでいる所は失敗・・・)

この旅行の目的の一つ、オーストンオオアカゲラにも会えました。
林道でも飛ぶ姿を見ましたが、しっかり観察できる場所へ。。

オーストンオオアカゲラ01
ペアになったばかりの雌雄に会えました。
こちらはメス。
お腹はかなり赤黒いです。このお腹を撮らないと!と言われていたので、何とか撮れてよかったです。

オーストンオオアカゲラ02
そしてオスも。

オーストンオオアカゲラ03

赤い色が暗い森に映えます。
巣作りを始める頃だったので、距離をとりながらの観察でした。

今回の目的は全て達成!! 
最終日はフライトの時間までの間公園を適当にプラプラと探鳥。

すると地元のカメラマンの方がいらしたので、聞くとオオトラツグミが出るとのこと。
オオトラツグミを見る事ができたらいいなとは思いましたが、幻と聞いていたので、
急遽予定に入れていた観光をとりやめて、ギリギリまでご一緒させていただくことに。
帰る時間を決め、静かに待ったその時、ちょこんと現れました! 
タタタッと一瞬小道を渡り、消えました(涙)。

オオトラツグミ
オオトラツグミ

私の場所からは見にくい!そしてボケた~!
オオトラツグミの特徴と言われている、嘴の太さや、尾羽の枚数など、正直私には分かりません・・・。
しかし、この時ご一緒させていただいた方が、オオトラツグミを研究されている方だった為、これはオオトラツグミ。ということで!

今回のプチトラブルは、まさにこの時。スマホを水没させてしまうという大失態。
別の所にいた鳥友さんに、「オオトラツグミがいるそうです」というメッセージを送った直後、スマホが死亡。
幸い鳥友さんも撮影することができたのが、本当に救いです。

奄美で移動していたほとんどが通信圏外だった為、私の画像などのアップデートは、なんと行きの機上まで。
奄美の美味しい食べ物や、景色、夜のジャングルを走って聞いた鳥や動物の声、などなど全部消えてしまいました。
うわーん(泣)。

最後に最大のポンコツぶりを発揮してしまい、少々凹みましたが、2泊3日の充実した探鳥旅行は無事終了しました。

またいつか行きたい探鳥旅行。頑張って働くぞー。

追記:その後奄美のバーダーさんから、GW頃に無事雛が巣立ったとのお知らせをいただきました。

スポンサーサイト

PageTop

奄美大島~2

宿泊ホテルの部屋の前の木でも、夜はリュウキュウコノハズクの声がします。
はー。姿は見えませんが、聞きながら眠りにつけるなんて、贅沢です。
翌日の為に早目に就寝。

アラームよりも早く、鳥の囀りで目が覚めたので、そおーっとカーテンを開けると、
目の前の木にルリカケスが!初見はまさかの部屋からでした。

ルリカケス02
急いでカメラを準備しましたが、木からは飛んでしまいました。
でも、一瞬だけ庭の柵に留まってくれました。

ルリカケス04
その後も森や林道で出会えました。

ルリカケス03

ルリカケス05
林道では、突然数羽の群れが降りてきて餌を採り始めました。さーっと来て、素早く去っていったので、
あっけにとられてしまいましたが、興奮。
羽の色はとても美しく、瞳もキラッキラでした。

奄美の目標の1つはアカヒゲ。
図鑑で見て、いつかは撮りたいと思っていました。あちこちで囀りは聞こえますが、どうにか見つけても
枝の枝の向こう・・・。

アカヒゲ01
ここでは人懐こいアカヒゲがいると聞いていたので、待ってみることに。。
他の鳥を見ていて、ふと気付いたらいました。
めっちゃ可愛い!

アカヒゲ03
階段にちょこんと出てきて、、

アカヒゲ04
囀ってくれました♪

アカヒゲ02
メスもちょこっとだけ出てきてくれて、ラッキー。

この日は、林道中心にどんなスポットがあるか、車でゆっくり走りながらの探鳥。
途中、シロハラ、ルリカケス、サシバ、オーストンオオアカゲラ、アオバト?などが横切りました。

PageTop

奄美大島~1

3月の終わり(!)に、奄美大島に行ってきました。
変わらず、2泊3日の弾丸です。
南の島は大好きですが、探鳥で行くのはもちろん初めて。
ハブとの遭遇にドキドキしながら出発。
それから、旅先でプチトラブルが起こりがちなので、それも気をつけないと。。気を引きしめます。

お昼のフライトで奄美に着。日差しはチリチリと痛く、南国へ来た~。と実感。イソヒヨドリが綺麗な鳴き声で
出迎えてくれます。
すぐにレンタカーを借り、空港近くの海岸へ。シギチはどうかなあ。。

ムナグロ01
海岸は干潮で、ひろーーい為、スコープで観察したかったです。
鳥の姿は沢山見えますが、何かはちょっと分からないものも多々。

オオソリハシシギ03
オオソリハシシギの夏羽が近くに来ました!残念ながら冬羽は逆光で真っ黒に。

オオソリハシシギ02


オオソリハシシギ01


オオソリハシシギ04
釣り人さんとのコラボ笑。

見れたのは、オオソリハシシギ(夏・冬)、クロサギ、シロチドリ、キョウジョシギ、ハシビロガモ、オオバン、
もっともっといたと思われますが、
移動時間になってしまったのと、釣り人さんも来た為、終了!
1日とか、ノンビリすごしたい場所でした。

宿に着き、荷物を下ろし、ナイトツアーへ。
ナイトツアーの前に、腹ごしらえ。
奄美大島のローカル飯、鶏飯を食べて、うま~!!と叫び、お腹を満たしてから、ナイトツアーへ。

看板01
こちらでないと見れない看板ですね。

日も暮れて、動物達の鳴き声が暗闇から聞こえます。
アオバズク、リュウキュウコノハズクのコホっという鳴き声、ピューっという澄んだ鳴き声が気になり、伺うと、
アマミイシカワガエルの声との事。
ワクワク。

ハブ01
小さいハブに会えました。小さくてもかなり強そうな顔です。

アカマタ01
アカマタ

テナガネズミ
ケナガネズミ
日本最大のネズミだそうです。尾は写真よりももっと長いです。上手に木や電線を伝って移動していました。

アマミノクロウサギ01
アマミノクロウサギにも会えました。
ちょこちょこっと道路を渡る個体を見たのですが、カメラで撮るのは難しかったです。何とか撮れてた1枚。

アマミヤマシギ
見てみたかった、アマミヤマシギです。道を走るとバサバサッ気配もしましたし、割りと多いように思いましたが、
見ることができました!

昼間の観察も基本は考え方は同じですが、
夜行性動物をライトで照らして探し観察するので、動物達には影響がなるべく少なく、撮影にはとても気を使いました。
一瞬です。ガイドさんもそこはとても配慮されて説明してくださいました。

夜については、どちらかと言えば、見れたらラッキーという感じだったので、これだけでもありがたいです。

PageTop

北海道~4

クマゲラさん。
昨年と同じ場所です。ここは数年この木で子育てしているようです。
昨年より2週間遅れで行ったので、雛ちゃんはいるのかどうかは分かりませんでした。
もしかしたら、もう巣立っているかも知れない。とりあえず向かってみました。(何せ移動距離が長いので賭け)。
ラッキーな事に、いました~。
開けた場所にありますが、森の中、静かに皆見守っています。

クマゲラ02
メスが近くの枝に留まりました。
キョーキョーと大きな声で鳴きます。

クマゲラ04
昨年との違いは、なかなか雛達の所に行かない事。
この行動は、もう巣立ちを促しているのではとの事でした。
雛ちゃんの頭も赤い羽が生えています。

クマゲラ01
ビックリしたのは、突然近くに雌雄が留まった事!
幹の周りを二羽がくるくると動いていました。

クマゲラ07
逆光でしたが、とてもエキサイティングな場面を見る事ができました。
お互いを労っているのかな!?

クマゲラ05
飛びっ。

クマゲラ03
もう、いつでも飛びだせるような力強い目。
この3日後に、雛ちゃんは無事巣立ったようです。
来年もまたここへ戻って来てくれるといいな。

今年の北海道初夏!も、とても楽しい時間でした。
目標の、エゾライチョウと、エゾセンニュウはまたいつかチャレンジということで!!

通常の鳥撮りに戻っています~♪





PageTop

北海道~3

そよ風が吹いてお花と小鳥、楽園です!

自転車で走りながらの探鳥。気持ちいい。
ここで昼寝できたらどんなに気持ちいいだろう~。
いつか、何日かかけて来たい場所です。今回は数時間の滞在でした。ちょっと寂しい。

ノゴマ04
お花の上で。

ノゴマ06
あちこちで鳴いています。

ノゴマ02

ノゴマ05
少し遠かったけれど、お花の中のノゴマさん。
後ろはやっぱりオホーツク海!

ベニマシコも見かけましたが、残念ながら確認のみでした。
そして、昨年飛びまわっていた、オオジシギは全く見れず~。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。