トリトリ日記

北海道~3

そよ風が吹いてお花と小鳥、楽園です!

自転車で走りながらの探鳥。気持ちいい。
ここで昼寝できたらどんなに気持ちいいだろう~。
いつか、何日かかけて来たい場所です。今回は数時間の滞在でした。ちょっと寂しい。

ノゴマ04
お花の上で。

ノゴマ06
あちこちで鳴いています。

ノゴマ02

ノゴマ05
少し遠かったけれど、お花の中のノゴマさん。
後ろはやっぱりオホーツク海!

ベニマシコも見かけましたが、残念ながら確認のみでした。
そして、昨年飛びまわっていた、オオジシギは全く見れず~。



PageTop

北海道~2

海岸沿いには、電線ノビタキ、電線コムクドリが沢山いました。
今回の目標の1つは、エゾセンニュウ。エゾセンニュウは昨年近くで鳴いていたのですが、
時間が足りなくて、じっくり待てませんでした。
探すぞー。

カッコウ01
海岸沿いの木には、カッコウが尾をフリフリ留まっています。

カッコウ02

シマセンニュウ?01
こちらは、シマセンニュウなのかな!?
とっても遠いのですが、いい声で囀っています。双眼鏡で観察しているとここは巣のようでしたので、
これ以上の距離は詰めずに終了。あちこちにいました。
識別を間違えていたら、教えてくださいね!

マキノセンニュウ?
マキノセンニュウ。

そしてそして、エゾセンニュウはまたもや近くで鳴いています。
ジョッピンカケタカ♪ ここだよーん。と鳴くのですが、、見つけられず。
気付いたら、小雨が降り、気温も10度と低くなっていました。寒いっ。
かなり粘りましたが、参りました・・・。

すごく集中していたので、疲れましたが、帰りの濃霧の中、電柱オオジシギを発見。
_F6A1801.jpg
ジェージェー鳴いてました。

_F6A1811.jpg
疲れてヘトヘトでしたが、愛嬌を感じるオオジシギに報われた気がしました。

_F6A1844.jpg

長い道のりでしたが、美味しい海の幸をいただきに、宿泊先を通り越し笑、
車を走らせたのでした!←食べ物だとパワー復活!


PageTop

北海道~1

2泊3日で、北海道弾丸探鳥に行ってきました。
本当はゆっくり巡りたいけれど、それは何年後!?今はできないので・・・。

今回は撮りたい鳥さんがいたので、それを目標に!
果たして会えるかどうか・・・!?
パッキングもだいぶ慣れてきました!

海沿いを走ると、堤防にオジロワシ。

オジロワシ01
後ろはオホーツク海です。

オジロワシ02
ずっとカラスがちょっかいを出しています。

オジロワシ03
カラスは一度飛び去っても、しつこくオジロワシの元へ。

オジロワシ04
うっとおしいな~。とだるそうに追い払いますが、そんなのお構いなし。

オジロワシ05
ついにウンザリしたのか、飛び立ちました。
それでもカラスは追いかけます。

オジロワシ01 (2)
翼はやはり大きく迫力があります。
そのままオジロワシとカラスは旋回して、林の方へ消えて行きました。

PageTop

求愛給餌

少し前の写真になりますが・・・
まだコアジサシの求愛給餌を見る事ができました。

コアジサシ01
超ちっちゃいプレゼント!

コアジサシ02


コアジサシ03
こちらでも。。

コアジサシ04
ここでは大きいプレゼント!

コアジサシ05
石の裏でコッソリ渡して・・・。

コアジサシ06
その後、あまりに大きいプレゼントに苦しんでいました。ウググ・・・
そのまま飛んでいったけれど、大丈夫だったかな?
見ている私も苦しくjなりました。
今も画像を見て、苦しい笑。

PageTop

なかなか大変!

キョロロロローと不思議な鳴き声のアカショウビン。
いつか見れたらいいね。とオットと話し、自分たちで探してみることに。

それは、探鳥というより、これは探検・・・。
自然大好きなオットは楽しんでいる様子。さすが山育ち、ネイチャーガイドに
憧れていたそうなので、いきいきしています。

アカショウビン 01
昨年、チラッと見ることができた。
いた!と見つけた時、私達の目の前にハチがブーンと飛んできて、わ~っとなっているうちに飛んでしまった。
ああ・・・。

アカショウビン02
そして、今年。またオットと地道に探鳥。
一瞬枝に留まりました。
昨年よりも1mm 位は前進したような!?

証拠写真ですが、とっても嬉しかったです。
いつか目の前に、ぴょこんと留まってくれないかなあ~。

PageTop